診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

「CREDOは飾るものではなく行動するものだ!」〜CREDOを形骸化させないために〜
2018年 05月 22日
 私たちは日々Hospital Visionに向かって邁進しています。そう「“おかげさま" “感謝" “ありがとう"のリレーでここに橋本動物病院があってよかったなと思ってもらえるようにしましょう♪」

 そんなビジョンを胸に。唯、これだと大きな目標でありどんなルートでそしてどんな方法で到達すればよいのだろう!おのずとそんな疑問が湧いてきます。そこで到達の方法としてMISSION「ミッション」が存在します。そう、それは私たちに3つのミッションが与えられているのです。先ず「ESとCDの両立」、次に「地域貢献」最後に「特殊動物医療の提供」です。この3つを行うことで一歩ずつではありますが目標とするビジョンに近づいていることになるんですね。でもこの時、この瞬間、ミッションを果たそうと思っても具体的な手段がないと実際には難しいんですね。それに結局は絵に描いた餅の様になっていまいます。「ずばり!解決策を。」そう、この時に役に立つのがCREDO、すなわち、行動指針なんです。私たちは各自一冊のファイルを持っています。それはいつ何時も見られるように必ず持ち歩いているのです。そのファイル、他人から見ればそんなに大したものではありません。ファイルはファイルで文具屋さんに売っているふつ〜うのファイル。中身も関係ない人から見れば落書き?あっ、すいません!言い過ぎました。院長に怒られそう…。(笑)でも、私たちにとってこのファイルは世界に一冊しかない宝ものなんです。院長が私たちのことを宝物と言うように私たちにとってこのファイルは宝物であり羅針盤なんです。名前はこのファイルの役目から“コンパス"と呼ばれます。コンパスは羅針盤ですから道標なんですね。私たちの病院で「コンパス持ってきて!」と叫んだらこのファイルがしっかりと届くはず。あっ、新人さんは本当に円描くコンパス持ってきちゃうかもしれませんが…。(笑)

 では、真面目に戻って…。この中にCREDOがファイルされているんですがこれがもう40条文以上記載されていて…。いや、他人事みたいに言ってしまいましたが実はこれすべて私たちみんなで作り上げたんです。院長のエッセンスはもちろん受け継ぐわけですがそれを基にどんなお料理にしようかな〜なんてみんなであーだのこーだのと会議ばっかりやって約一年かけて作成しました。流石に出来上がったときは「うわ〜、やった〜。」なんてみんな喜んでいました。でもその熱い熱い思いも時が過ぎればなんてことはどこの所にもありますよね。私たちもうっかりすると形骸化しちゃいそうと言うわけでどんな工夫をしたらよいかをUPDH会議で話し合いました。その時、誰かが叫びました。「そうだ、Key CREDOを個人ごとに決めて各自の月間Key CREDOに向かって頑張りましょう、そして次のUPDH会議で各自のKey CREDOが達成できているか否かをみんなで意見を出し合いましょうよ。」と。その一言でみんなが頷き「よし、やろう。」ということになったんです。さあ、今日から気合入れて頑張っていきます。因みに私は「ええと〜、…あっ○○番のCREDOだった。」まだまだ修行が足りません!「反省」


インデックスへ戻る