診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

投資になるか経費になってしまうか!?自分次第
2016年 05月 09日
 みなさ〜ん、お花見・ゴールデンウィークもひと段落して近辺の渋滞も緩和されて来ました。「当院でもお花見大会」だなんてしゃれた話しは一切ありません。そう、動物病院はこの時期がオンシーズンですから朝から晩まで目の回るような忙しさなんです。そんな話を院長にしたら「目が回っている内はまだ大丈夫、それより首が回らなくなったら一大事。」と返ってきました。(笑)
 そこで本日は私たち橋本動物病院も一企業として捉えた際に日々消費されていく経費にフォーカスしてみたいと思います。一般に経費って、その企業体経営を継続して行く上で必要な支出を指しますよね。しかし、その必要だからと言って止めどもなく支出していたらきりがありません!即ち、経費も売り上げから捻出される訳だから経費(支出)ばかりが上回れば当然ながら利益は無くなってしまいます。これだと経営を継続していく事は不可能です。従って「経費は少なく利益は多く」が理想なのです。が、そんなに上手くいく訳でもなく経営者って大変なんだろうなあ〜って傍から見ています。でも少なからず経費を有意義にする努力は私たちスタッフからでも出来ますよね。そう、経費ではなく投資にしちゃえばオッケーなんです。“経費”って聞くと「仕方ないなあ〜。」なんて思ってしまいますが“投資”となれば同じ支出するでも将来を見据えて“活きた経費”って呼び方も出来るんです。じゃあ、どうするか!私たちスタッフが関わる経費「支出」は接遇マナーセミナーや学術セミナーなんかが代表的です。すべてがお客様、即ち患者様に還元出来る様にと努力の証でもある経費なのです。しかし、セミナー中に居眠りをしていたり、セミナー後に復習等、アウトプットを怠るとすべて水の泡、そう意味の無い支出に終わってしまいます。だからこそこれを経費と呼ばせないためにも頑張って支出の効果を上げようと努力することが不可欠なんですね。そうすれば経費ではなく投資になります。でも、口で言うのは簡単だけど持続するのはほんとうに難しい。まあ、院長も大目に見てくれてはいますが・・・。(笑)


インデックスへ戻る