診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

トリマーさんってすごいなあ!
2014年 12月 08日
img  こんにちは!よくテレビでカリスマ美容師さんとか「ヒトの美容業界のお話し」を特集していますよね。実は動物の美容師さん、すなわちトリマーさんもとってもすごいんです。
 もちろん、ここ橋本動物病院ではトリミングは行っていません。唯、橋本院長が皮膚病をよく診察するためか、診察時に患者さんの方から「美容師さんに“皮膚を動物病院でしっかりと診てもらった方がいいですよ!”ってこの間言われたので来ました。」とそんなお話しを伺うことが多いのです。その度に、橋本院長はトリマーさんって「美容の事だけではなく、毎回患者さんの皮膚の状態もしっかりとチェックして下さっているんだなあ、素晴らしい!」と感動しています。それぞれの患者さんにそれぞれかかりつけのトリマーさんがいらして、トリミングの度に美容だけに留まらず肌のトラブルが無いかもしっかりと確認してくれているんですね。私たち動物看護師も見習わないといけません。それにトリミングの時にちょこちょこと動くワンちゃん達をどうやってカットして、シャンプーして、爪切りして、肛門腺をしぼって・・・、と盛りだくさんのメニューをこなせるんだろうなあ?とにかくすごいんです。尊敬の一言です!
 あっ、私たち普段はトリマーさんとお会いする機会はありません、なぜって、ここ橋本動物病院ではトリミングは行っていないからなんです。では、ここでなぜ橋本院長がトリミングは行わないかを少し説明してみます。
 江戸しぐさの「餅は餅屋」に代表される様に橋本院長は職人でありたいのだと思います。先日も患者さんから「先生の所でトリミングもしてくれると助かるけどなあ〜。」と診察時に言われていましたが、橋本院長は「ごめんなさい、当院は昔からトリミングは行っていないんです、餅は餅屋ですからね、これから先もトリミングを行う事はありません。
とお返事していました。
 橋本院長のポリシーなんでしょうね、・・・。昔からトリミングの話しになる度に「僕は獣医大学で医療は学んだけど、美容は学んでいないからね。」と私たちに語っています。そして続けます。「ただ、勘違いしてほしくないのは、僕は決して動物病院でトリミングをやっていることを否定している訳ではないんだからね、それはそれで各院長がポリシーをもって行っていることだからリスペクトするよ、それに一か所で元気になって、キレイにもなってと一石二鳥だから患者さんにとってはコンビニエンスだしね。」と各病院、色々な院長の考え方があっていいと思ってもいるんですね。
 「ちょっと、僕自身、職人的ポリシーが強いかもしれないね、ただ、僕がこだわりたいのは“職域を分ける”ってことなんだ、だから僕たちは動物医療に徹しようと、それに両方を行うには不器用だからね!」
 ふ〜ん、分かったような、何とも言えない感じですが。要するに動物美容にはそのプロがいて、動物医療にもそのプロがいる、こんな感じですかね。だから互いにリスペクトして橋本院長は動物医療のパートを頑張ろうと思っているんです!うまくまとまっていますか?じゃあ、この辺で。


インデックスへ戻る