診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

相手のプラスを願うと相手が自身のプラスを願う!
2014年 11月 29日
img  子供の頃って、「あ〜した天気にな〜あれ!」って遠足の前の日なんか、てるてる坊主を何個も軒先に吊るしてお願いしていたなあ。でも、いつしか大人になると誰でも「世間の垢がつく」って言うのかピュアな感覚が心の奥深くにしまい込まれてしまった感がありますよね。でも、ここ橋本動物病院では「自分とみんなに幸あれ!」と願ってみましょうと日々みんなで話し合っています。橋本院長が「相手のプラスを願うと相手が自身のプラスを願う!ってほんとなんだよ」と話していました。まさに「One for All All for One」のスピリットなんですね。グタグタと愚痴を言っていても始まらないから思い切って先ずは自身が行動する、それもプラスの方向にね。橋本院長も遅ればせながら今になって学んだんだよって、ちょっぴり苦笑いでした。
 私も今夜の一番星に家族と仲の良かった友達のプラスを願ってみようっと。
 なんだか昼間だと言うのに今から一番星に出会うのが楽しみになって来ました。それに何十年ぶりにてるてる坊主でも作ってみようかな。


インデックスへ戻る