診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

薬疹
2010年 03月 09日
 先日、橋本院長自身が患者さんで皮膚科に駆け込みました。「痒いよー、痒いよー!」と朝からワーワー言っていましたからよっぽど痒かったんでしょうね。お腹から背中から首周りから、モノトーンの皮疹で真っ赤なんです。院長もダーマスコープで拡大して自身の病変部を診察していましたが、そこは「餅は餅屋」、橋本院長は動物の皮膚病が専門ですから、ヒトは分かりません!直ぐに皮膚科で「これ、薬疹ね、先生、何かお薬を常用されている?」「ええ、高血圧なので、3種類処方されております。」「それは、何?」「カルシウムブロッカー、ベータブロッカー、ARB」「そっか、じゃあ、しばらく中止してプレドニゾロンを朝晩で10 mgずつ飲んでください。」そんな感じだったそうです。
 今は、すっかり良くなったようですが、「君たちがストレスかけるからだよ・・・。」「笑」
と、冗談だか本気なんだか言われてしまいました!まあ、とにかくお大事にしてください。


インデックスへ戻る