診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

アドバイス
2010年 02月 12日
 今、病院内で最もお客様とお話しする機会が多いのは受付秘書の成瀬さんと言っても間違いではありません。それだけ、私達看護師スタッフからみても当院の大切なパートです。いつも成瀬さんを見ていて「緊張するし、お金のやり取りだから間違ってはもっての外だし、大変だろうなー!」そんな感じで感心していたんだけど先日、成瀬さんに直接そのお話をしてみたら、意外や意外、「緊張するけど、それだけこの病院の大切なポジションだから私がさせてもらっていることに感謝しているわ!とても楽しんでやっているわよ。」そんな答えが返ってきました。私も“あれっ”と思いましたがすぐさま「さすが!」と返していました。
 私達はお客様からいただく苦情は「アドバイス」と呼んでおります。それは成長する良い機会を提供して頂けたと、理解するからです。勿論、お客様にご迷惑をおかけしないのが我々、接客業では当たり前ですが、やはり、そこは人間、ミスすることは否定できません。そこでそれを「ネガティブにとらえず、ポジティブシンキングでいきましょう。」とスタッフ全員を何時も橋本院長と師長が励まします。時にはDr.宇原からも今後の対応についてサポートが入ります。当院は毎日こんな感じです。ただ、私もこれを書いていて気付きましたが、実は橋本院長が何時なん時も欠かさない事がありました。そう、それは日に最低2回は駐車場から病院を眺めることです!そして近池さんに「今日はアドバイスをお客様から頂いた?」と様々なお声に対応しようとしているところです。そうですね、中から外を見ていても分からない事があるんですよね!橋本院長も昔は今みたいに余裕がなく、外から中をゆっくりと眺めることはなかったでしょう。でも今は「お陰さま」をスローガンに橋本院長はじめ、スタッフ全員でこれからも多くのお客様のお声に応えていけるように努力致します。

 追伸  橋本院長を駐車場で見かけたらよろしくお願いしまーす!


インデックスへ戻る