診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

電話のコール数
2010年 02月 12日
 今から少し前にお客様から「今日お休みなの?全然、電話がつながらないし、一体、何してるのー?」とお電話でアドバイス「クレーム」を頂いた事がありました。そこで秘書の成瀬さんと橋本院長が話し合い、「2回線引こう、そしたら今までキャッチホンでお待たせして取れなかったお電話も直ぐ取れるよね、じゃ、即実行!」
 そうなんです。勿論私達は、診察券に記載してある時間はしっかりと診療を行っておりましたが、キャッチホンによる対応がなかなか出来なかったためにこの様なアドバイスに繋がったのだと思います。でも、この提案で全て解決?と行きたいところです。しかしながら、ふと、気づいたのですが、たまたま院長が外出時に携帯から用事があって病院の番号にかけたのですが「3コールはかけているのにおかしいなー、なんで出ないんだ!」「ええ?」とスタッフ。
 おそらくこちらで鳴る回数と携帯のコール数が若干、異なるんでしょう。「そっかー!じゃあ、2コールまでに出るように心がけようよ、そしたらそれも解決できるんじゃないかな?」ワイワイガヤガヤと臨時ミーティングを開いて決定しました。もしも、中々、私達が電話に出るのが遅かったら受付で「アドバイス」を再度よろしくお願いいたします。とにかく、努力してみます!では、今日はこの辺で。


インデックスへ戻る