診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

欲の追及は無駄に仕事時間を増やし、利の追及はみんなににプラスをもたらす
2015年 07月 06日
 みなさ〜ん、こんにちは、今日は私が担当させていただきます。よく、世間一般で“欲”と“利”について聞きますよね。う〜ん、何だか難しいと言うかややこしいと言うか、どっちも一緒なのか別なのかも分かりにくいですが・・。でも、よ〜く考えてみると“欲”と“利”って何かが違うんですかね?先ず欲は私利私欲などと使われますが、あまりいい印象ではありません。一方、利はどこかいい感じがしませんか?あれ、ちょと説明になってないかも?まあ、難しい事はさて置いといて、欲の追及も利の追求も経営者次第、そう、動物病院で言ったら院長次第!ってことになるんですよね。院長が欲を出せば診療時間はどんどん長引き、私たちスタッフは振り返ったら「残業の嵐」って訳です。一方、院長が利を重んじる人なら無駄に診察時間が長引くことはなくいつも例外的な場合を除いては規定通りの時間内に仕事が終了します。そうなると私たちスタッフは仕事の後の予定も立てやすく、活き活きと次の日も仕事に打ち込める訳です。診察時間内に仕事が終わるか否かはお客様やスタッフサイドと言うより院長の采配次第なのですね。ここ橋本動物病院ではほぼ毎日例外なく午後七時には仕事が終了です。院長が上手く考えてくれて診察時間配分を調節してくれています。従って「残業ゼロの病院」を前面に謳える訳なんです。本当は橋本院長の仕事ぶりからして365日診療してたいと思うのですが、そこはやはりチームを意識して利の追求に徹しているのだと感じます。もちろん、患者さんに全力投球は当たり前です。ただ一つ確かな原則があるからこそ利の追求を重んじる訳なんです。そして、それをないがしろにして「患者さん第一」と謳っても嘘になるだけ。そう、それは「ESなくしてCSなし」と世間一般で言う決まり文句。ここ橋本動物病院では「スタッフ満足なくして患者さん満足なし」って言い換えられます。だからスタッフ満足の一環としてダラダラ残業ばかりの毎日ではなく仕事時間は集中してきちっと頑張ろう、そして時間の区切りをしっかりとしてその後は各自、自分探しの時間に充てたり、人間成長のプラスワンの時間に充てたりと人それぞれです!「えへん、何か成長した気分!」といっても自分だけ?「笑」
 “欲の追求ではなくて利の追求”
 これだと「院長の橋本動物病院」ではなくて「スタッフみんなの橋本動物病院」という気がしてきませんか!?


インデックスへ戻る