診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

勤務中の休憩時間は遊び時間ではない
2010年 08月 03日
先日、久々に橋本院長がドクターー含めスタッフ全員に雷を落としました。勿論、100%スタッフに原因があり、再三の注意を無にしていたので御尤もの話なんですが!
「勤務中の休憩時間は遊び時間では無い!」こんな風に叱られました。まさにケアレスミスって、このことなんですね。1時間の休憩時間を過ぎても無駄話が盛り上がり、私達スタッフはだれも椅子から立ち上がろうとしなかったのです。その間、院長はお昼ご飯を約3分でかき込み、業者さんと面会やら診察やらと大忙し、それなのに自分達は何時まで経っても手伝いもせず、無駄話の連続、しまいには診察中の院長及びお客様に無駄話がしっかりと聞こえてしまう始末。これは叱られて、当たり前だし、一般企業では考えられないことですね。反省です!
院長はよっぽどでないと叱りませんが、今回は堪忍袋の緒が切れたんでしょう。丁度その場に面会中の業者さんがいらして、飲んでいたお茶を“サッ”と机において気を付けの姿勢になっていました。勿論、院長は「・・・さん、ごめんなさい、お見苦しい所をお見せ致しまして・・・!。」と気遣ってました。
“橋本クオリティ”を維持していく上で今回の件は本当に反省すべきであるし、正にラテラルサポート「職域を越えたサポート」の精神がスタッフ全員足りないんですね…。でも、私も叱られた当事者ですから偉そうなことはこの辺で!明日から心を入れ替えて再スタートです。


インデックスへ戻る