診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

無結紮去勢手術

「体内に糸を一本も残しません」

 

従来の去勢手術は精巣動静脈を糸で結紮していたため、術後に縫合糸が原因で起こる「肉芽腫性炎」のリスクを避け切れませんでした。 その様な中、私たちはエルベ社製バイオシステムを採用しバイクランプモデル(写真)による血管シーリングを行う事でその様なリスクをゼロに抑える事が可能となりました。 従って体内には一本の縫合糸も残すことなく手術を行っております。即ち、「無結紮手術」です。

猫の去勢術:血管がそれぞれの精巣に連結しているのが見える。バイクランプにて血管をシーリングしているところ。丁度、ポテトチップスなどの袋を閉じるような感じである。

シーリング終了の写真。しっかりと血管がシールされ出血を起こす心配は無い。即ち、結紮糸は一つも使用していない。

after

猫の去勢術:血管がそれぞれの精巣に連結しているのが見える。

after

バイクランプにて血管をシーリングしているところ。丁度、ポテトチップスなどの袋を閉じるような感じである。

after

シーリング終了の写真。しっかりと血管がシールされ出血を起こす心配は無い。即ち、結紮糸は一つも使用していない。