診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

相手への敬意は出会いの原点である
2015年 02月 09日
 みなさ〜ん、こんにちは、今日のメッセージは私が担当します。それにちょっと最後にお知らせがありますので。じゃあ、始めます。さて、本日のテーマは「相手への敬意は出会いの原点である」と何やらかしこまった、と言うよりかしこまり過ぎた感があるこの一節、実は橋本クオリティに記載されているものなんです。実際、よ〜く、考えてみると「出会いは相手を尊敬することで始まり、別れは相手をけなすことで始まる」かなあ?ですよね。でも、この法則は今に始まったことではなく、そう、遠い遠い昔から人々の間で語り継がれてきたことなんだろうなって気がします。
 「お互いがいい点を見つけっこして認めあうと、初対面でも自然に打ち解けて仲良くなりますよね。逆にけなし始めるといつしか距離が遠くなって・・・。」ここ橋本動物病院ではお互いを認め合い、互いのいい点はとことん真似していこうと日々頑張っています。そうすればお互いにプラスになりますしね!例えば直ぐにネガティブになってしまうスタッフがいたとします。そんな時、ポジティブだったり、ニュートラルだったりをキープ出来るスタッフの真似をしていけばいつしか強いマインドに育っていくと思うんですよ。あっ、常にポジティブだと疲れちゃいますよね、だからニュートラル、ニュートラル!
 橋本院長はほっておくと直ぐにポジティブになってしまう傾向があるから自身でニュートラルでいることを意識されているそうです。でも、どうみてもいつもポジティブだと思いますが・・。「でも、これオフレコで!」(笑)
 スポーツでも何でも勝負の最初と最後は礼を尽くして、握手したり、一礼したりしますよね。それと会社もおんなじかと!この精神は橋本院長が掲げる「周りに優しい繁栄」に代表される様に当院独自の診療(経営)方針なんですね。
 私は今まで「ミスティークスペシャリスト」の担当でしたが、これからは「ホスピタリティマスター」を担当します。この5年で培った橋本動物病院の文化をこの役職に対して上手にアウトプットしていきたいと思います。頑張ります!では、この辺でメッセージとお知らせまで。


インデックスへ戻る