診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

相手の立場に立っても考えてみる
2015年 01月 05日
img  はい、みなさん、こんにちは!今年もお雑煮太り解消からスタートです。
 年初めの当院は診療開始からバタバタとしていてお互いがせわしなく動いています。そんな時ほど「相手の立場に立っても考えてみる」というルールが大切なんですよね。これは当院クレドにも記載されている項目でして、日頃からついつい相手の事よりも自身を優先しがちな「発言」だったり「行動」だったり・・、を反省するいいルールです。
 何かを言ったり、行ったりする場合、それを相手の方向から見たらどう映るの?とよく考える様になりました。例えば円柱状をしたガラスコップを相手に底を向けたら、「あっ、丸い」って思うだろうし、自分が横から見ていたら「なんだ、長方形だよ!」って思います。ですから見る角度によって別の形に映るんですね。これは心も一緒!よくよく考えて発言したり、行動したりが大切なんです。とは言っても診察がバタバタしてくると頭が回らなくなって行きます。「笑」おまけに橋本院長は診察スピードが超早いからついていくのに四苦八苦です。でも、「相手の立場に立っても考えてみる」は基本中の基本ですから何とか日頃から維持出来るようにしたいです。そうするとお互いが思い遣ることになりチームが上手く回り、仕事もはかどります。じゃあ、今日も一日頑張ります。


インデックスへ戻る