診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

ナースメッセージ

遠くの人ほど長所が見えて、近くの人ほど短所しか見えない
2014年 11月 19日
img  こんにちは!ホスピタリティマスターの大内です。先日のGGC「スタッフだけの時間外ミィーティング」で橋本院長が以前言っていた「遠くの人ほど長所が見えて近くの人ほど短所しか見えない」について皆で検討したんです。実は、余りにも各自が自身の仕事を他人任せにしていた時期があって、橋本院長の堪忍袋の緒が切れたんです。滅多に大声を上げない院長ですが流石に見かねたんでしょう。叱られて当たり前なんですがその時に、皆、責任転嫁の様な発現が目立ってしまい、院長が「感謝の気持ちが足りないんだよ、」それに続いて「遠くの人ほど・・・。」と!
 私も両親のサポートがあって毎日仕事が出来ている!今まで改めて考えたことなかったな〜。それどころか些細なことで文句ばっかり言ってたな〜。今一度、しっかり反省です。同時に職場においても「・・さんがよくやってくれているから、ここのパートが上手くいくんだ、ここは・・さんがサポートしてくれているから云々・・・。」
 普段は意識してないといつの間にか感謝を忘れ、短所しか見えなくなるってことよくあるんですよね。
 これは落ちなんですが、橋本院長も「そうは言っても、僕もそうなんだけどね。」と!


インデックスへ戻る